医者

とても痛くなる病気

医者

若者の間で、痛風といわれる血液中の尿酸が多い事が原因で関節炎を起こす病気が流行しています。現在の痛風患者は約100万人にものぼり、20年前と比較して約4倍に増えています。その原因として、食生活が昔と変わったという事が考えられています。そもそも痛風の症状は、まずは足の指の関節に激しい痛みを感じます。さらには、足の甲、膝関節、手の関節にまで痛みを感じ始めます。その痛さは、風が吹いただけでも激しい痛みを伴うといわれています。この痛みは永遠に続くわけでなく、数週間くらいで全くなくなります。そのため放置する人も多いですが、ちゃんと治療をしないと深刻な合併症を引き起こします。気になったらすぐに病院にいく事が大事です。

病院で治療を受けると、血中の尿酸値を増やすプリン体を含む食品を控えるように指導されます。基本的に1日のプリン体摂取量を400mg以内に抑えれば、症状がよくなると考えられています。プリン体が多い食品は、明太子、白子、エビ、牡蠣などの海産物に、サラミやレバーなどもあります。その他にも、ジュースやスポーツ飲料に含まれる果糖も、尿酸を増やす作用があります。そのため水分補給は、なるべく水かお茶を飲むようにした方が良いでしょう。それと、痛風の予防で効果的なのが、こまめに水分を補給することです。食事などでしっかりと水分を補給することで、体内の尿酸を排出させられるからです。その他にも、多大なストレスは尿酸値を上げるので、激しい運動を避けた方が良いです。

中年男性に多い急性関節炎

病棟

痛風とはお酒や肉類、油物の摂り過ぎが原因で起こる、急性の関節炎です。発症者の殆どが足の母趾の付け根から発症するのが特徴です。足の関節に激しい痛みや腫れが現れたら、すぐに内科を受診しましょう。内科での痛風の治療は薬物療法が基本ですが、症状が激しい場合には関節注射により痛みを抑えることもあります。

詳細を確認する...

激しい痛みを伴う症状

女性

痛風は、プリン体を多く含む食品を食べる事で、関節部分が痛くなる病気です。その痛みは数週間くらいで治まりますが、放置すると腎臓が悪くなる可能性が有ります。なので、異常を少しでも感じたら、病院で治療を受ける必要が有ります。

詳細を確認する...

お酒を飲む人は注意すべき

病棟

痛風は、尿酸が関節部分に溜まる事で関節炎を発症する症状です。激しい痛みが続くことになり、日常生活に支障をきたします。痛風の治療のために大切なのは、尿酸を多く含むプリン体の食品を避けるようにする事です。

詳細を確認する...